FC2ブログ
2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09

TOP > スポンサー広告 > title - フィラリア&ワクチンの事TOP > 動物病院 > title - フィラリア&ワクチンの事
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ【スポンサー広告】 | top↑

+ Comment List +

 フィラリア&ワクチンの事
以前から、フィラリアやワクチンの事は疑問に思っていました。
ですけれど、やはり獣医師に飲まなければ、打たなければと言われると
疑問に思いながらも与えていた事が現状でした。

それから、パテラの事も気になっていました。
歩いている時に後ろから見ると、後ろ足が開いたりして着地が一定でないのです。
成長とともに良くなるのかと思っていましたが、あまり改善されている様子はありません。
パテラによるものか、股関節によるものか心配していましたが、
2件、行ってみた病院で、パテラが緩いとご指摘を受けていました。
その緩いとおっしゃるのも、何だか曖昧な感じでしたので
専門の先生に診て頂きたいと思っていました。

ふっと、昔友人が、足を手術してもらった評判の良い病院があったなと思い出して
探してみました。
ここ↓
「谷澤動物病院」

フィラリアの予防薬は処方しない。
ワクチンも最小限と掲載されてました。
口コミを調べてみたのですが、かなり怖い先生であり、
動物の事を一番に考えている先生であるようだと言う事が解りました。

とにかく自分の目で確かめたい!
早速行ってみました!

病院は、スカイツリーからほど近い所にあります。
昔ながらの古い病院と言う印象。
同じ部屋に診察台は2つ、待合室から診察室へのドアは開け放されています。
院長先生、若い女性の先生と、看護士さん?らしき方が数名

私が伺った頃は、数名の患者さんがいらっしゃいましたが
帰る頃には、待合室には座りきれない位の患者さんでいっぱいになっていました。

診察室から一番近い椅子に座ると、
院長先生の診察の様子を見る事が出来ました。
介助の先生を怒鳴る声が待合室まで聞こえて、噂通り・・・怖いよ〜〜〜

待っている間に患者さんの様子を見ていましたら、
骨折の子、イタグレさんが2匹もいました。
あの足ですから骨折しやすいのでしょうね。
椎間板ヘルニアの子、癲癇の子もいました。
ヘルニアや関節、脳神経等に強いようです。

そんなに待たずに名前が呼ばれました。
凄くドキドキしたのですが、診て下さったのは若い女医さんでした。
若いけれど、さすがにあの先生に鍛えられているだけあって
頼りになりそうな、しっかりされた印象でした。

最初は、フィラリアの話、

Y「飲ませたくは無いが、飲ませない事には不安があるので
どうして飲ませなくても良いのでしょうか?」

女医さん「当院ではフィラリアは飲ませない方針です」

それを聞いていた院長先生が、いきなり怒鳴り出して
(本人怒鳴っているつもりは無いけれど、人には怒鳴っているように聞こえるのかな?
と思う程、ず〜っと怒っているように見えました)

院「フラリアは神経毒だ!毒を飲ませているんだぞ!」と・・・

女医さん「Yさんは飲ませたく無いと言っているんです・・・」

と、フォローして下さったのですが、
聞く耳持たず、頭ごなしに怒鳴っておりました・・・。
あまりに怒鳴るので、怖くなってしまって
ウルウル涙が・・・

Y「フィラリアも怖いけど、先生も恐いです、飲ませたく無いからここに来たんです」
と半泣き状態でしたけれど、言いたい事は言いました。

でも、院長先生のおっしゃっている事は理解出来ました。
昔は、フィラリアがいたけれど、現在は(東京周辺と都会ではと言う意味だと思います)
フィラリア自体がいないので、予防する必要も無いとの事。
ここ数十年も(何年とおっしゃっていましたが、忘れました)フィラリアの治療はした事は無いと
(感染も見た事が無い)
今の獣医師は、フィラリアなんて見た事無いだろうとおっしゃっていました。

*私の説明ではつたないので、詳しくお聞きになりたい方は、病院へ足をお運び下さいませね!


ワクチンについて
4ヶ月に1回、1歳の時に1回
その後は5年ごとで良いと。
(アメリカの学会で何とかと説明された気もするのですが忘れました)


シェーの場合は、5ヶ月に3回目を打っているので
1年後で良いとの事。

Y「1年後に、抗体検査をしてから必要なワクチンをうつ事は出来ますか?」

そうしたら、院長先生がまたまた怒鳴り込んできまして(やっぱり普通が怒鳴り声なのかも・・・)

院「人間だって何回もワクチン打たないだろう?動物だけなんでうつんだ!」

女医さん「Yさんはうちたく無いと言っているんです・・・」

Y「うつにしても、抗体検査をして必要な物だけ打ちたいと思っているのですが」

院「抗体検査?抗体がいくつあると思っているんだ?」

Y「パルボとか、肝炎とか、危ない物だけ調べたいと思っているのですが」

院「パルボだっていろんな抗体があるんだ、ワクチンによるもの、
 実際にかかって抗体が出来たもの・・・、抗体検査も金儲け主義の言っている事だ!」

Y「抗体検査は私が言い出した事で、言われた訳ではありません」

院「抗体検査も意味が無い、金儲け主義!」

Y「この子はすでに3回も打ってしまいました・・・」

院「どうして打ったんだ?」

Y「病院でそう言われれば打つでしょう?だから、ここにきたんです」


あまりに早口に怒鳴るので、しっかり理解したとは言いがたいのですが、
抗体検査も、パルボの抗体一つとってもいろいろあるから
一種類調べても仕方が無いと言う事なのかな??


パテラについて

本当は、院長先生に診て頂きたかったのですが、
女医さんも、とてもしっかりされた方でしたのでお願いしました。

右側が緩いけれど、まだ成長期でもあるし、手作り食であるならば
カルシウムをしっかり取るように言われました。
フローリングは気を付けるようにと。
膝がゆるめであると言う事は確かな事のようなので
気を付けてあげたいと思います。


それから、左耳をカイカイしていたので診ていただきました。
耳は問題無かったのですが、今朝、シャンプーしたので水が少し入っていたようです。
ティッシュをこよりのようにして、耳に入れると、
ギャヒヒ〜〜〜ンンと大声で泣いていました。
絶対に痛く無いだろうし、あまりの大声にビックリ!

初めてでしたので、一通り診て頂いて、検便もして下さいましたが
お会計は0円でした。
治療していないのでとの事。
診察券は、次回来た時に出しますと。
きっと、2度目が無い方が多いのかな?苦笑

怖い先生だとは下調べで解っていたので心の準備がありましたが、
それでも恐かった〜〜
フィラリア、ワクチン地雷のようです。
知らずに行かれた方はさぞかし怖い事だと思います。

怒鳴らなければとても良い先生だと思います。
もっといろいろおっしゃっていましたが、
早口、声が大き過ぎて覚えていません。イヒッ
多分、腹立たしくなる飼い主さんが多くて、
私も同じかと思われて、頭ごなしに言ってしまったのだと思います。
でも、一応、話を聞いてから怒るなりして下されば良いのにと思います。

アレルギー検査の事もお伺いしたかったのですが、
忘れてしまいました。

フィラリアに関しては、飲ませない事に決めました。
ワクチンに関しては、先生のおっしゃった通りにしようかと考えています。

主治医に関しては、大変悩ましくて、
現在の主治医の先生も、大変良い先生なので
引き続き診て頂きたいし・・・。(あんなに怖く無いし・・・)

どちらにも診て頂きたいので悩みます・・・。


さてさて!
帰りは、せっかくここまで来たので
DOG DEPTさんのかカフェへ。
お昼時だと言うのに、空いていました。
暑い時は、カフェは以外と穴場?

道行く人をジ〜〜〜
20130713_120049.jpg

シェーにはワッフルを
ミックスベジタブルがトッピングされていました。
20130713_120749.jpg

シェーちゃんの?
20130713_120736.jpg

うまうま〜〜〜♪
ワッフル、3つは多いので、一個お持ち帰りしたのですが、
家で、バッグに入れてあったのを見つけ出されて
気が付いたら食べられていました。汗
ウンチ君、緩くならなければ良いけれど・・・。
20130713_120936.jpg

私のは、アイスティとアップルパイ
20130713_120215.jpg

ゆっくり涼んでから、お隣のショップへ
このお店のワン子の試着する台が入り口側に置いてあって
ガラス張りなので外から見えるのです。
シェーが試着していたら、通る方が可愛い〜〜〜と見て下さって
気が付いたら、人が集まっていて
その中の男の子が、お店の中迄入ってきて
「売っているの?」と
売ってないよと言うと、
試着している洋服のタグを指差して
「だったらこれは?」
ああ〜〜 なるほどね!
これはお洋服のよと言うと、納得してシェーを撫でて出て行きました。

2枚購入すると30%OFFに引かれてついつい買ってしまいました。
左は、クール素材で、右は、柔らかいガーゼ素材です。
水玉が欲しいなと思ったのですが、お店の方が
青いチェックが可愛いとおっしゃったので
青のチェクにする事にしました。
20130713_134418.jpg

何だか、おばちゃんが着ているエプロンに見えなくもない?
20130713_165658.jpg

このタグが、男の子は気になったようです。
20130713_165740.jpg









スポンサーサイト


カテゴリ【動物病院トラックバック(0) | コメント(2) | top↑

+ Comment List +
【】 Meg より。
お疲れ様でしたぁ~

涙ちょちょぎれそうなくらい、怖かったのね。(^^;

フィラリアの薬は筋肉のけいれん、ふらつき、失明、癲癇などを神経症状が副作用として出る場合があるのだと本村伸子先生の本にかかれていました。だから神経毒なんですね。納得(@@;

東京のような都会で室内に住むワンコは必要ない
とも。

ヒラリーは薬を飲ませていないので、お散歩の
時はダニなどの虫がつきにくい洋服にさらに
ハーブ スプレーをかけ、散歩中も時々シュシュ
しています。立ち止まっている時は虫がよらないように団扇で風を送ったりしてます。(笑)

私も行ってみようかなぁ~ 

それからシェリルちゃん30%オフ(しかも
数千円)で販売中だと勘違いされた男の子に
妹と爆笑でした。

おつかれさまでした。

【Re: タイトルなし】 youより。
Megさん

> 涙ちょちょぎれそうなくらい、怖かったのね。(^^;

ほんとにチョチョギ出ましたよ〜
でも、とりあえず、言いたい事は言ったつもりです。
こんな先生だから、正直に言った方が良いなと思いましたので。

> フィラリアの薬は筋肉のけいれん、ふらつき、失明、癲癇などを神経症状が副作用として出る場合があるのだと本村伸子先生の本にかかれていました。だから神経毒なんですね。納得(@@;

あっ それでなのですね。
原因不明な病気の中には、副作用もあるのかもしれませんね。
谷澤さんは何度も何度も毒を飲ませているとおっしゃっていました。
怖いです・・・。

> 東京のような都会で室内に住むワンコは必要ない
> とも。

これは、読んだ事があるのできっとその本を持っているのかもしれません
ちゃんと読み直さないと。

> ヒラリーは薬を飲ませていないので、お散歩の
> 時はダニなどの虫がつきにくい洋服にさらに
> ハーブ スプレーをかけ、散歩中も時々シュシュ

最近は、グルーミングスプレーの代わりに
ハーブスプレーを使っています。
レモンのような香りになっています。

> しています。立ち止まっている時は虫がよらないように団扇で風を送ったりしてます。(笑)

さすが〜〜 私も団扇持参しよ〜
シェーの代わりに、私が蚊にさされまくっております。汗

> 私も行ってみようかなぁ~ 

基本的に、ワン子思いの飼い主さんには大丈夫だとは思いますが、
人の話を聞かないようなので
それは違う!とハッキリ伝えないと悪者にされちゃいます。
私も、どれ位伝えられたのかは解りませんが、2度目があるなら
もっときちんと伝えられると思います。(慣れれば平気かも)

> それからシェリルちゃん30%オフ(しかも
> 数千円)で販売中だと勘違いされた男の子に
> 妹と爆笑でした。

子供って思わぬ所を見ていますね〜ビックリ

> おつかれさまでした。

ありがとうございます。
近くに2件も良い病院があって悩める事はありがたいですね。


<<シェリルの成長〜 | ホーム | ボール♪>>
お疲れ様でしたぁ~

涙ちょちょぎれそうなくらい、怖かったのね。(^^;

フィラリアの薬は筋肉のけいれん、ふらつき、失明、癲癇などを神経症状が副作用として出る場合があるのだと本村伸子先生の本にかかれていました。だから神経毒なんですね。納得(@@;

東京のような都会で室内に住むワンコは必要ない
とも。

ヒラリーは薬を飲ませていないので、お散歩の
時はダニなどの虫がつきにくい洋服にさらに
ハーブ スプレーをかけ、散歩中も時々シュシュ
しています。立ち止まっている時は虫がよらないように団扇で風を送ったりしてます。(笑)

私も行ってみようかなぁ~ 

それからシェリルちゃん30%オフ(しかも
数千円)で販売中だと勘違いされた男の子に
妹と爆笑でした。

おつかれさまでした。
【2013/07/13 22:18】URL | Meg  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Megさん

> 涙ちょちょぎれそうなくらい、怖かったのね。(^^;

ほんとにチョチョギ出ましたよ〜
でも、とりあえず、言いたい事は言ったつもりです。
こんな先生だから、正直に言った方が良いなと思いましたので。

> フィラリアの薬は筋肉のけいれん、ふらつき、失明、癲癇などを神経症状が副作用として出る場合があるのだと本村伸子先生の本にかかれていました。だから神経毒なんですね。納得(@@;

あっ それでなのですね。
原因不明な病気の中には、副作用もあるのかもしれませんね。
谷澤さんは何度も何度も毒を飲ませているとおっしゃっていました。
怖いです・・・。

> 東京のような都会で室内に住むワンコは必要ない
> とも。

これは、読んだ事があるのできっとその本を持っているのかもしれません
ちゃんと読み直さないと。

> ヒラリーは薬を飲ませていないので、お散歩の
> 時はダニなどの虫がつきにくい洋服にさらに
> ハーブ スプレーをかけ、散歩中も時々シュシュ

最近は、グルーミングスプレーの代わりに
ハーブスプレーを使っています。
レモンのような香りになっています。

> しています。立ち止まっている時は虫がよらないように団扇で風を送ったりしてます。(笑)

さすが〜〜 私も団扇持参しよ〜
シェーの代わりに、私が蚊にさされまくっております。汗

> 私も行ってみようかなぁ~ 

基本的に、ワン子思いの飼い主さんには大丈夫だとは思いますが、
人の話を聞かないようなので
それは違う!とハッキリ伝えないと悪者にされちゃいます。
私も、どれ位伝えられたのかは解りませんが、2度目があるなら
もっときちんと伝えられると思います。(慣れれば平気かも)

> それからシェリルちゃん30%オフ(しかも
> 数千円)で販売中だと勘違いされた男の子に
> 妹と爆笑でした。

子供って思わぬ所を見ていますね〜ビックリ

> おつかれさまでした。

ありがとうございます。
近くに2件も良い病院があって悩める事はありがたいですね。
【2013/07/14 17:10】URL | you #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://riz2000.blog102.fc2.com/tb.php/348-0be5f61d 
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。